春夏秋冬

blog

自分の部屋の
遮るものが
何一つない空間に
小さくあの日の思い出を描く。


春の満開の桜の切なさ

夏の太陽の沈まない夜

秋の別れと道端の黒猫

冬の侘しさと燃え尽きた恋


もう戻れない光の中

無限の虚無を宿しながら

人は生きてる。


たまに感じる
心の温もりは

刹那と呼ぶには長すぎて

だけど、永遠と呼ぶには儚すぎる。


僕たちは

ありもしない
世界のまやかしを信仰し

そしてまた誤魔化されている。


唄う事の出来ない唄のようなものを、

奏でる事の出来ない
メロディーのようなものを、


ただ一生懸命に奏でようとしている